逮捕・拘留から裁判対応まで、刑事弁護に強い弁護士が代行!

刑事弁護の弁護士費用について

捜査段階で解決

逮捕→不起訴or罰金刑

着手金30万円、報酬金30万円 合計:60万円

※報酬金は不起訴又は罰金刑に留まった場合に頂戴します。
※示談の成立、釈放・保釈の成功の場合でも、追加費用は必要ありません。

裁判で解決

裁判→判決

着手金30万円、報酬金30万円 合計60万円

※報酬金は求刑よりも軽い刑が言い渡されたとき、執行猶予が付いたときに頂戴します。

捜査段階から関与、裁判で解決

逮捕→起訴→裁判→判決

捜査着手金30万円、裁判着手金30万円、報酬金30万円 合計90万円

※捜査段階で不起訴又は罰金刑に留まらなかったので、捜査段階での報酬金は不要です。
※否認事件や裁判員裁判対象事件は、別途定める料金体系があります。
※示談の成立、釈放・保釈の成功の場合でも、追加費用は必要ありません。

裁判員裁判の場合

逮捕→起訴→裁判員裁判→判決

捜査着手金30万円、裁判着手金70万円、報酬金70万円 合計170万円

※捜査段階で不起訴又は罰金刑に留まらなかったので、捜査段階での報酬金は不要です。
※示談の成立、釈放・保釈の成功の場合でも、追加費用は必要ありません。

否認している場合

判決が有罪の場合(求刑より軽い場合、執行猶予)

捜査着手金30万円、裁判着手金70万円、報酬金30万円 合計:130万円

判決が無罪の場合

捜査着手金30万円、裁判着手金70万円、報酬金100万円 合計200万円

刑事弁護費用の一例

具体例1
Aさんが逮捕されましたが、弁護活動の結果、不起訴処分となった場合
⇒捜査段階での着手金及び報酬金合計60万円(税別)が弁護士費用です。

具体例2
Bさんが逮捕され、弁護活動を行いましたが、起訴されました。
ただし、裁判でも弁護活動を行い執行猶予付きの判決が言い渡されました。
⇒捜査段階での着手金並びに裁判段階での着手金及び報酬金合計90万円(税別)が弁護士費用です。
捜査段階で起訴又は罰金刑に留まらなかったので、捜査段階での報酬金は不要です。

大阪の逮捕や刑事事件の弁護士相談はこちら

投稿日:2017年7月6日 更新日:

Copyright© 大阪の逮捕&刑事事件の弁護士相談サイト , 2019 AllRights Reserved.