逮捕・拘留から裁判対応まで、刑事弁護に強い弁護士が代行!
大阪の逮捕や刑事事件の弁護士相談はこちら

家族が逮捕されて不安な方へ

当事務所のホームページをご覧いただきありがとうございます。現在、「夫が逮捕されて連絡が取れない」「前科を付けたくない」「留置場から釈放したい」「示談をして不起訴で終わりたい」など様々な悩み、不安を抱えられていると思います。

罪を犯してしまった以上、相応の罰を受けることは致し方ありません。

しかし、家族が離れ離れになったり、仕事を解雇されてしまったりなど過大な罰を受ける必要まではないと考えます。
刑事事件は早い段階において被害者と示談したり、裁判所に釈放を申し出ることによって、過大な負担を避けることができる場合があります。

まずは、ご不安な点を解消していただくべく、お気軽にご相談(無料)下さい。ご相談お待ちしています。

大阪の逮捕&刑事事件の弁護士相談サイトの特徴

  • 刑事弁護に強い。無料で相談できる弁護士。
  • 留置場・拘置所からの早期釈放を求め最大限のサポートをします。
  • 被害者との示談に向けて尽力します。
  • 無罪判決の獲得を目指します。
  • 秘密は厳守します。
  • 明朗会計。弁護士費用の長期分割払が可能です。
  • お仕事終わりの時間帯、土日祝日の相談も可能です。
  • ご家族・ご友人からの相談も可能です。

このようなお悩みの方はご相談ください

  • 冤罪を証明して欲しい~~
  • 釈放 保釈してほしい~~
  • 前科をつけたくない~~
  • 示談したい~~
  • 職場や学校に知られたくない~~
  • 接見禁止の解除・連絡~面会や差し入れをしたい~
ご家族・ご友人からのご相談も可能です。大阪の逮捕や刑事事件の弁護士相談はこちら

刑事事件の解決方法・流れ

刑事事件の解決方法・流れ

これらの間、被害者との示談交渉・逮捕者との面会の上、法的助言・不当な捜査に対する異議・家族等との環境調整などの弁護活動も行います。

弁護士費用

捜査段階で解決

逮捕→不起訴or罰金刑

着手金30万円、報酬金30万円 合計:60万円

※報酬金は不起訴又は罰金刑に留まった場合に頂戴します。
※示談の成立、釈放・保釈の成功の場合でも、追加費用は必要ありません。

裁判で解決

裁判→判決

着手金30万円、報酬金30万円 合計60万円

※報酬金は求刑よりも軽い刑が言い渡されたとき、執行猶予が付いたときに頂戴します。

捜査段階から関与、裁判で解決

逮捕→起訴→裁判→判決

捜査着手金30万円、裁判着手金30万円、報酬金30万円 合計90万円

※捜査段階で不起訴又は罰金刑に留まらなかったので、捜査段階での報酬金は不要です。
※否認事件や裁判員裁判対象事件は、別途定める料金体系があります。
※示談の成立、釈放・保釈の成功の場合でも、追加費用は必要ありません。

実績・解決事例

勾留請求の却下を獲得した事案

事案内容
2度目の盗撮で逮捕され、警察署に留置されていた方からのご依頼でした。翌日から10日間の勾留の予定でしたが、早期にご依頼いただいたことから、ご依頼日当日に、ご両親と面会し、身元引受書、逮捕されていた方の在職証明書などの資料を集め、検察官、裁判所と交渉することができました。残念ながら、検察官との交渉は功を奏せず、勾留請求されてしまいましたが、裁判所との交渉により、勾留請求は却下されました。
その結果、逮捕された方は釈放され、職を失うことなく、不起訴処分となりました。

刑事弁護を弁護士に相談、依頼する流れ

お電話にてお問い合わせ

「刑事弁護のホームページを見た」とおっしゃっていただけるとスムーズです。

メールフォームよりお申し込み

お申し込みより2営業日以内に、担当弁護士よりご連絡差し上げます。

まずはお電話にて弁護士と相談

お電話にてお伺いする内容

  • いつ逮捕されたか
  • 犯罪の内容はなにか
  • 逮捕された警察署はどこか
  • その他、お客様のお困りの点など

刑事弁護に強い弁護士と面談相談

  • 初回のご相談は1時間程度です。
  • ご相談は何度でも無料です。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
上記の資料がなくてもご相談可能ですが、お持ちいただいた方がスムーズにご相談が出来ます。

相談のみで解決

相談のみで解決されるお客様もいらっしゃいます。
相談したからといって必ず依頼しなくてはいけないことはございませんのでお気軽にご相談ください。

相談のみで解決された場合も費用は無料です。

ご依頼

ご依頼いただけるお客様とは、後ほど委任契約書を作成いたします。
明朗会計ですので、委任契約書に記載がない弁護士費用を請求することは一切ありません。安心してご依頼ください。

刑事弁護に強い弁護士の無料相談のお申込み

メールフォームからのお問い合わせは24時間年中無休にて受け付けております。
メールフォームよりご連絡いただきましたお客様へは2営業日以内に弁護士からご連絡いたします。

お名前必須
ふりがな
電話番号必須
メールアドレス必須
逮捕理由必須
ご相談者様との関係必須
警察署名
現在の状況
お悩みの点やご希望の点など

投稿日:2017年6月9日 更新日:

弁護士の刑事事件コラム

逮捕された後の面会について

逮捕された後の面会 逮捕された後、警察署に連行されて取り調べを受け、警察署の留置場に入れられるというイメージがあると思います。 多くの場合そのイメージの通りです。件数としては少ないですが、検察庁が被疑 ...

刑事事件で示談をする理由

示談とは 示談とは、広い意味では、紛争の当事者が合意により紛争を解決することをいいます。法律家の間で示談といわれる場合は、刑事事件に関する当事者(被害者と加害者)の間における、民事上の損害賠償等につい ...

現行犯逮捕は誰でもできる?

はじめに メディアなどで現行犯逮捕は警察官だけでなく普通の人でもできるというような話を聞いたことがある方も多いと思います。 例えば痴漢事件で、痴漢をした人が痴漢の被害者から「この人痴漢です!」と言われ ...

保釈されるためには

保釈とは 刑事事件では、被疑者が逮捕された後に勾留が認められ、期限一杯まで勾留されたとしても、そこで不起訴になれば手続きは終了し、被疑者は釈放されて日常生活に戻れます。 しかしそこで起訴されてしまうと ...

公然わいせつで逮捕・捜査をされた場合に弁護士を依頼するメリット

公然わいせつ罪とは 公然わいせつ罪とは、公然とわいせつな行為を行った場合に成立する罪になります。 具体的には、公共の場での露出行為や性行為(性行為の疑似行為も含む)を行った場合や、ハプニングバーなどを ...

Copyright© 大阪の逮捕&刑事事件の弁護士相談サイト , 2018 AllRights Reserved.