逮捕・拘留から裁判対応まで、刑事弁護に強い弁護士が代行!

財産犯罪

窃盗罪

投稿日:

刑罰

10年以下の懲役又は50万円以下の罰金(窃盗罪)

事例

共犯者とともに窓を壊して飲食店に侵入し、金品を盗もうとしたところ、警備会社の到着によってこれを遂げなったという事案

結果

懲役1年6月、執行猶予4年

弁護のポイント

逸失物横領との区別

刑法では、逸失物を横領した者は、1年以下の懲役又は10万円以下の罰金等に処すると規定しています。
窃盗罪との区別は、物が他人の占有下にあるか否かでなされます。

例えば、公園のベンチに忘れた鞄を持っていったという場合には逸失物横領罪が成立することになりますが、公園を出る前に被害者が忘れたことに気づいたような場合には、まだ鞄が占有下にあったと評価され窃盗罪が成立します。

したがって、占有下とは物理的に持っているというだけでなく、他の事情も加味して判断していくことになります。

親族間の窃盗

刑法では、配偶者、直系血族、同居の親族等の持ち物を盗んだ場合には、窃盗罪は成立するものの処罰はしないと規定しています。

したがって、子どもが親の持ち物やお金を盗んだとしても、処罰されることはなく、警察に通報したとしても、捜査がされることはありません。

電気窃盗

窃盗とは他人の財物を窃取した場合に成立する犯罪ですが、刑法では、電気を財物とみなすと規定しています。

したがって、無断で電気を使用して携帯電話を充電することは窃盗罪に該当します。

弁護士費用

捜査段階で解決

逮捕→不起訴or罰金刑

着手金30万円、報酬金30万円 合計:60万円

※報酬金は不起訴又は罰金刑に留まった場合に頂戴します。
※示談の成立、釈放・保釈の成功の場合でも、追加費用は必要ありません。

刑事弁護を弁護士に相談、依頼する流れ

お電話にてお問い合わせ

「刑事弁護のホームページを見た」とおっしゃっていただけるとスムーズです。

メールフォームよりお申し込み

お申し込みより2営業日以内に、担当弁護士よりご連絡差し上げます。

まずはお電話にて弁護士と相談

お電話にてお伺いする内容

  • いつ逮捕されたか
  • 犯罪の内容はなにか
  • 逮捕された警察署はどこか
  • その他、お客様のお困りの点など

刑事弁護に強い弁護士と面談相談

  • 初回のご相談は1時間程度です。
  • ご相談は何度でも無料です。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
上記の資料がなくてもご相談可能ですが、お持ちいただいた方がスムーズにご相談が出来ます。

相談のみで解決

相談のみで解決されるお客様もいらっしゃいます。
相談したからといって必ず依頼しなくてはいけないことはございませんのでお気軽にご相談ください。

相談のみで解決された場合も費用は無料です。

ご依頼

ご依頼いただけるお客様とは、後ほど委任契約書を作成いたします。
明朗会計ですので、委任契約書に記載がない弁護士費用を請求することは一切ありません。安心してご依頼ください。

刑事弁護に強い弁護士の無料相談のお申込み

メールフォームからのお問い合わせは24時間年中無休にて受け付けております。
メールフォームよりご連絡いただきましたお客様へは2営業日以内に弁護士からご連絡いたします。

お名前必須
ふりがな
電話番号必須
メールアドレス必須
逮捕理由必須
ご相談者様との関係必須
警察署名
現在の状況
お悩みの点やご希望の点など

-財産犯罪

Copyright© 大阪の逮捕&刑事事件の弁護士相談サイト , 2020 AllRights Reserved.