逮捕・拘留から裁判対応まで、刑事弁護に強い弁護士が代行!

「全般知識」 一覧

no image

司法取引

2018/02/21   -全般知識

平成30年6月1日から司法取引の制度が日本でも始まります。 現時点では、制度が開始されておらず、どのような運用になるかは不透明な状況ですが、司法取引について注目が集まっています。 司法取引とは 司法取 ...

no image

裁判員裁判

2018/02/21   -全般知識

平成21年から国民が裁判に参加するという裁判員裁判制度が始まりました。 選挙人名簿から無作為に抽出された国民が裁判に参加することになります。 通常の刑事裁判とは異なり裁判官だけではなく、一般国民が参加 ...

no image

刑事裁判となった場合の流れ

2018/02/21   -全般知識

ほとんどの方は刑事裁判を受けることは初めての経験だと思います。 テレビドラマでの裁判風景は一部分のみであり、全体像を知る方はあまりいらっしゃいません。 そこで、刑事裁判についてどのような流れで進行する ...

no image

違法な取り調べに対する対処法

2018/02/21   -全般知識

被疑者には、黙秘権や調書に署名を拒否する権利があります。 しかし、警察官は職務熱心のあまり、自白をさせようと行き過ぎた取り調べをすることがあります。 実際、寝させずに長時間取り調べをしたり、権限がない ...

no image

身体拘束解放の方法

2018/02/21   -全般知識

罪を犯した場合、逮捕や勾留がなされ、警察署に留置されることがあります。 罪を犯した以上、罰を受けることはやむを得ませんが、逮捕、勾留という身体拘束は刑罰ではありません。 また、不必要な身体拘束により、 ...

no image

自首する際の注意点

2018/02/21   -全般知識

罪を犯してしまった場合、罪悪感がある一方、逮捕されるのではないか、刑務所に入らなければならないのではないかという不安にも苛まれます。 そこで、法律は自首した場合には、刑を減刑することができると定め、自 ...

no image

正当防衛とは何か

2018/02/21   -全般知識

正当防衛という言葉を耳にしたことがある方も多いと思います。 しかし、単に防衛するために殴り返した等では正当防衛が成立しないことも多くあります。 したがって、自身の行為が正当防衛となるのかどうかを知って ...

no image

共犯とは何か

2018/02/21   -全般知識

実際に自身が犯罪を行った場合でなくても、犯罪行為を手助けした場合には共犯者として処罰されることになります。 そして、実行犯でなく、共犯だから軽い罰になるというわけでは必ずしもありません。 では、いかな ...

no image

時効とは何か

2018/02/21   -全般知識

罪を犯した場合でも、一定期間発見されず、裁判とならなかった場合には、その罪によって処罰されることは無くなります。 そのため、時効に対して関心を持つことは当然のことかと思います。 しかし、警察による捜査 ...

no image

執行猶予付判決を獲得するには

2018/02/21   -全般知識

正式な裁判となった場合、裁判官は証拠をもとに、有罪か無罪かを決めることになります。 そして、有罪であると判断とした場合には、どの程度の刑期にするのかや執行猶予を付けるのかという判断を次にすることになり ...

Copyright© 大阪の逮捕&刑事事件の弁護士相談サイト , 2021 AllRights Reserved.